春のガーデン

春の訪れ🌸
お別れのシーズンはあれよあれよと吹き去り また新たな出会いの風が吹いてきます😀春の訪れのためにお花と立体造形をガーデンに植えました🐖🐖🐖

@さいとうたいち Taichi Saito
「あそびをせんとや」Was I born to play or flirt?
平安時代の歌謡集 『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)の文を文字のオブジェにしました。

「遊ぶために生まれてきたのだろうか。
戯れるために生まれてきたのだろうか。
遊ぶ子供の声を聞くと
(不自由な私の身体も)
動き出しそうな気がしてくる」

@阿片 陽介 Yosuke Agata
「踊る親知らず」A wisdom tooth dances
苦労して抜いた親知らず 今ごろ元気に踊ってるかな
以前自分の歯を病院で抜きました。抜いた歯がその後楽しく踊っていると良いなと思い、作品にしました。
「 花下遊楽図屛風 」というお花見の絵から、人の踊る姿を模して作りました。

@曹 鉄平 Teepei So 
「キノコの子」Mushrooms
作品「キノコの子」は、ずんぐりむっくりな体型に制作しました。キノコは、成長するとカサが大きく開くため、柄が太くないと支えきれません。人間もキノコのように成長するのだと思います。夢を叶えるために子供のころからいろいろなことを学び、能力や知識の積み重ねをして、キノコの柄のように人生の幅を広げて大人に成長してゆくのでしょう。

養豚の友 2016記事 up

養豚の友 2016にてエッセーを1年間,掲載させて頂きました.
その記事を随時,アップしていきます.
メインメニューをクリックするとコーナーがございます.

食べ残しゼロカード

食べ残しゼロカード1枚につき5円を飢餓対策に寄付する仕組みのカードが豚肉食べ放題のお店にあった.自分がたらふく食べた行為が飢えに苦しんでいる人たちに還元されるのは罪悪感しかない.その心理をついているのかな.別に他の方法でも食べ残しゼロにできると思うんだけど.本当に寄付されるのだろうか.

10年後のための芸術表現

「10年後のための芸術表現」Art for the decade  2月10日にSHIBAURA HOUSEにてレクチャーを聴講しました.宇治野宗輝さんとChim↑pomさん,近藤健一さんが「未来の芸術」をテーマにシンポジウムされました.
未来を描くって言うとポジティブで美しい風潮がある.未来って美しいものなのか.芸術の未来がマッドマックス的に退廃していたら表現者はまた何を表現しているのか想像させられました.

養豚農家を経営する両親のもとに生まれ育った経験から豚の作品を制作する豚造形家。豚思う故に我あり。