日本農業新聞掲載

日本農業新聞様より2019.10.29 に掲載頂きました.
取材では長時間に渡り, 大変お世話になりました!
**********************************************************************
生々しい豚の立体造形に込める思いは「命のありがたみを知って」。茨城県つくば市の小野養豚ん(ようとん)さん(41)は、豚にこだわる農家出身の芸術家だ。

 ポリエステル樹脂を駆使し、あえてかわいらしさを抑えた生命感あふれる豚を生み出す。さまざまな姿の生々しい豚を、これまでに数えきれないほど制作。数頭を並べた大規模な作品や、あえて愛玩用と食用の豚を組み合わせた、見た人の心を揺さぶるものもある。

 小野さんは群馬県沼田市の養豚農家出身。豚が生まれてから食肉になるまでを見ながら子ども時代を過ごし、美術大学に進むと在学中から身近だった豚を絵画やオブジェで表現してきた。今は筑波大学総合造形領域の助教も務める。

 小野さんは「食卓に上る豚がどう育つか、思いを巡らせる消費者は少ない。作品が食と命について考えるきっかけなってほしい」と望む。


https://www.agrinews.co.jp/p49104.html

価値観のズレ

あっそういえば 「豚そっくりに作って, だから何?」「実家が養豚農家で豚作品作ってる?はぁ?」「あなたの気持ち悪い作品は疲れた現代人に見向きもされないわよ.」って言われたことあるyo. 言いたい人はこちらを汲み取らず自分の物差しで言い, 大概覚えてない. 無責任な他人の言葉に傷つかないでyo

養豚農家を経営する両親のもとに生まれ育った経験から豚のアート作品を制作する豚造形家。豚思う故に我あり。